調布エリアで部屋を借りようと検討している方必見!調布駅周辺でおすすめの賃貸業者を厳選してご紹介!

学生が賃貸で部屋を契約する際の名義はどうなる?流れを解説

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

調布市の賃貸契約を学生がする場合、様々な問題が考えられます。成人してすでに収入があれば何ら問題はなく、賃貸物件を調布市内で借りることは可能になります。では未成年者の場合、どのような問題があるでしょうか。その一つが賃貸物件の名義となり、誰の名前にしたらよいかを見ていきます。

基本的に親の名前になることを理解しておく

調布市で賃貸住宅を借りる場合、学生だと親の名前になるか、それとも本人の名前になるか気になるところです。この場合の学生とは、おおむね専門学校生などが考えられるでしょう。例えば大学生ならば、地方の都市から出てきて調布市内かその周辺の大学に通う場合が考えられます。専門学校生も同様のことが一般的に想定されるでしょう。

結論から言えば、学生名義で賃貸物件を借りることはできません。ただこの時に、学生が成人しているか未成年かによって分かれてきます。高校を卒業した時は18歳になっていますので、そのままストレートで大学や専門学校に入る場合に契約するときは18歳のはずです。なぜなら、大学・専門学校生の段階で契約をするのではなく、まだ入学する前に契約しているはずだからです。当然ながら未成年のはずですから、親の同意が必要になります。

親の同意が必要になる場合、名義だけが子供の名前になることはありません。名義人とは、通常契約を交わした本人であることが必要になります。この時契約を結ぶのは、親の名前になるでしょう。親がいない場合には、その代理人が名義人になることがほとんどです。

例えば、両親がいない場合には親戚のなどが親代わりになっている例は少なくありません。この時お金を出すのは学校に通う本人かもしれませんが、何かあった場合に最終的に責任を持って支払うのは、親権者か代理人のどちらかです。最終的な責任を持つ人と名義人は一緒にする決まりです。

もし勝手に物件を借りた場合どうなるのか

これから学校に通う本人が未成年者で勝手に賃貸契約をした場合、名義人が学生になりそうですが、実際はどうでしょうか。これに関しては、まず賃貸契約をするときに必ずと言っていいほど本人確認を求められます。そのため本人確認ができるものを用意した時、まだ成人してないとわかれば不動産会社も門前払いをするでしょう。もしこの時、不動産会社は相手がまだ未成年だとわかっていて契約を結んだ場合、法的な罰則が下される可能性があります。

では仮に契約を結んでしまい、その時の名前が未成年者の学生だった場合はどうでしょうか。この場合には、不動産会社と学生の間で交わした契約は取り消すことが可能になります。なぜこのような定めがあるかといえば、成人になっていない人はある程度大きなお金が動く契約をした場合、自分自身でどのような立場にあるのかを理解していないことが多く、後になってトラブルが発生する可能性が高いからです。

100円の買い物をするような場合であれば適用されることはありませんが、財産を処分するレベルになる場合には、成年者でなければ判断できないと考えられるわけです。この場合、そこに住み始めてから取り消すことも可能です。当然そのとき記載した名義も取り消すことになります。

このように成年者と異なり、法律ではなにかと未成年者の場合には守られていることが多くなります。これは貸す立場だけでなく借りる立場のことも配慮し、未然にトラブルを防ぐといった意味が大きいです。

学生が成人している場合はどうか

一般的に学生が契約を結ぶ場合には、未成年のことがほとんどです。この場合には名義は上記の通りの結論になりますが、成年の場合はいったいどのような扱いになるでしょうか。基本的に、成年の場合賃貸物件を借りるとすればすでに学生になっており、途中から借りる場合などが考えられます。

専門学校生を例にすれば、入学した時は未成年の可能性が高くても、2年ほど経過した場合には既に20歳を超えている可能性があります。この時、最初に借りた場所が嫌で別のところに引っ越しをしたいと考えている場合には、20歳を超えているため本人名義で物件を借りることができそうです。

この時の判断を決定する基準は、支払い能力があるかどうかです。通常賃貸物件を借りる時には、大人の場合でさえもほぼ例外なく審査が入ります。審査基準の一つとしては、家賃の支払い能力があるかです。おおむね、収入の1/3以内の賃料ならば審査に通る可能性があるといってよいでしょう。

しかし学生の場合には収入がないことがほとんどになります。その場合には、審査に通らないため親の名義で契約をすることになるでしょう。 しかしながら、例外的に学生が社会人並みにお金を稼いでいる例もたまにあります。この場合、20歳を過ぎていると証明することができれば本人の名前で物件を利用することはできます。このように、20歳になっているかどうか、そして支払い能力があるかどうかで名義が決まるといってよいでしょう。

 

調布市で賃貸物件を借りる場合には、その名前を学生の名義などにすることができるかが問題になります。もし20歳未満の場合には、必ず親の同意が必要になります。その場合親の名義で契約をすることになります。20歳以上でも、十分な収入がなければやはり親の名義になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧