調布市で部屋を借りようと検討している方必見!調布市周辺でおすすめの賃貸業者を厳選してご紹介!

初めての一人暮らしはマンションとアパートどっちを選ぶ?違いを解説

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/25

一人暮らしを始めるにあたり、調布市は条件が揃った良い町ですが賃貸物件を探すにしてもマンションにすべきかアパートの方が良いかで迷う事も多いです。そこで今回調布市での物件探しにおいて、押さえておきたいマンションとアパートの違いについて、ポイントを3つ程述べます。調布市での物件探しの基本ですので、要チェックです。

一人暮らしをするに辺り、調布市の情報が知りたいです

調布市は新宿副都心に、京王線でアクセス出来る大きい町です。アクセス時間が特急を使えば、新宿まで15分で到着出来るという事で大きい人気を誇ります。2012年前後に駅前周辺で大規模な再開発が行われた事や、2017年に大型複合商業施設トリエ京王調布が完成した事で利便性も大幅に向上しました。

電車以外にも、三鷹や吉祥寺までバスで行ける様な整備がされている事も大きいポイントです。ちなみに新宿以外にも渋谷方面へ行くのも簡単なので、通勤や通学で調布市を拠点にする事を選ぶ人も少なくありません。他にも、「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な故水木しげる氏が40年以上調布に住んでいた事もあって、水木氏とその作品群にちなんだスポットも少なからずあります。

調布市は昨今、利便性の向上に伴い賃貸物件の値段もマンション、アパートを問わずに相応に上がっています。ただし、都心に比べればやはり格段に値段が安い物がありワンルームであれば5万円前後、1DKであれば7万円以下が相場というかなりの好条件物件が多いです。

アンケートでチェックしてみる限りでは57%以上の人が住みやすいと回答しており、意見を総合してみると「ガヤガヤしておらず落ち着いていた住宅街で、治安が良いのが魅力」という様な趣旨にまとまっている傾向があります。家族連れで小さな子供が居る家庭にも好まれる様子がありますが、そういった家族連れが問題無く滞在出来る程に環境が良いと解釈する事も出来ますので、一人暮らしをする場合にもお勧め出来る町と言えます。

賃貸物件でマンションとアパートってどう違うんですか?

マンションもアパートは、賃貸物件の代名詞とも言えますが両者の明確な区別は存在しません。基本的には「管理する不動産会社が、その建物をどっちの名前で呼ぶか」で決まっている部分が多いです。ただ、全体的に見た場合では、マンションの方が3階以上の高層でアパートはそれ以下、賃料はマンション物件の方が高めという傾向等が見て取れます。

他にも、アパートの方には管理人が居ない事が多くマンションには大概居るという点だったり、セキュリティはマンションの方が高めである事等も押えておきたいポイントになります。ただ、物件によってはこの分類に該当しないマンション並のアパートや、その逆もありますので、基本的には自分で実物を確かめてみるのが最も手早いと思って下さい。気密性や遮音性も、マンションの方が高めです。

次に実際に契約して、物件を使わせてもらう段取ですが、ネットで周辺の家賃相場を大まかにでも調べた上で住みたい場所がハッキリ決まっているならば地元の不動産会社に渡りを付ける事になります。今回の場合は調布市ですが、調布市といっても、特定の場所で無ければ困るという様な条件が少し曖昧であるという様な時には大手不動産会社にお願いするというのでも悪くありません。

後はネット情報だけでは分からない点として、此方の話を何処までしっかり聞いて考えてくれているかという事は必ず吟味する様にする事です。拠点選びで最重要とも言えますが、決して安くない買物になりますので相性が悪い所に当たってしまうのは大きな意味で痛手となります。物件の詳細な情報やサポートの説明を相手がしてくれて、その上で納得も行った時に本契約に入る事をお勧めします。

物件選びのポイントについて教えて下さい

個人の事情の差異で変わる面もありますが、基本は「駅からの距離と周辺環境」と「広さや間取り」、最後に「築年数」という事で考えて下さい。

駅から近ければ、少々朝が遅くとも直に通学や出勤に行けるメリットがありますし、駅周辺のお店も使いやすいです。ただデメリットとして、電車の音や人混みで消耗する事も考えておく必要があります。逆に遠い場合は、家賃が抑えられる代わりに利便性が下がるリスクも出ます。買物に便利という様な意味合いと、居住に良いというのでは変わる面があると意識しておけば、齟齬がありません。

広さと間取りに関しては、大きければ物が沢山置けますし室内環境も快適に出来やすいですが、その代わりに家賃が高いリスクが出て来ます。掃除に関しても、部屋数が多い分だけやる事や目配りしなければならないポイントが多くなります。狭ければ冷暖房の効きが良いですし、掃除の手間も減りますが、代わりに物を置けるスペースの無さや圧迫感の問題と隣り合わせになる事も考えないといけません。

そして最後の築年数ですが、新しければ設備も良いですし耐震性も最新技術が使われていて安心出来る事が多いです。ただ、引き換えに家賃が一定以上掛かる事も考える必要があります。中古の場合は、リフォーム等で十分住んでも問題無い様な建物も多いですし、上手く選択すれば家賃の節約と住みやすさという点でベストな物が入手出来る事も少なくありません。ただし、選択に失敗してしまうと痛手を被る事もやはりありますので、極端に古い物等は避けた方が無難です。

 

新宿や渋谷等の東京の主要都市に簡単にアクセス出来るという点や、住環境の良さという点で調布市は一人暮らしに理想的な町です。マンションとアパートの違いは、不動産会社による定義の差もありますが、基本的にはマンションの方が良い設備が多いのがポイントになります。後は「駅からの距離と周辺環境」と「広さや間取り」、最後に「築年数」の3つの意識し物件探しをすれば完璧です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧