調布エリアで部屋を借りようと検討している方必見!調布駅周辺でおすすめの賃貸業者を厳選してご紹介!

引っ越しをしたら隣近所に挨拶するの?マナーを解説

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

引っ越しの際に近隣の住民に挨拶をするのかどうかは悩むところです。現代は他人との交流が薄くなっている時代だとは言え、特に調布市のように賃貸ばかりでなく戸建ての住宅街も多い地域では、きちんと挨拶をしておくのが無難なような気もします。

挨拶をする場合は社会人として恥ずかしくないようにマナーを守っておきたいところです。

引っ越しのとき挨拶をするならマナーを守って

引っ越しの挨拶のマナーを守るといっても、それほど堅苦しく考える必要はありません。そもそも近隣住民との良好な関係を築くためだということを考えれば、自ずとやることは決まって来ます。調布市のように住宅街だけではなく商店街も多い地域では、地元で商売をする人もいるでしょうから、近隣との人間関係には気をつけたいところです。

一人暮らしの人は意識する必要はありませんが、挨拶に伺うときはできるだけ家族全員で訪問しましょう。一度でも顔を見せておけば、後日、道で会ったときなどに声もかけやすく、どういう家族構成かを詳しく説明する必要もありません。訪問した際に長々と話す必要はなく、どこに越して来たか自宅の場所や引っ越し作業の騒音のお詫び、簡単な職業の説明などをすれば十分です。

訪問するタイミングは、引っ越し作業が落ち着いたら出来るだけ当日中にするのが良いでしょう。時間帯としては夕食時となる18時以降を避け、翌日になるようなら朝の家事と重ならないよう午前10時以降が無難です。

もし不在だった場合は日を改めて再訪問し、一週間会えないようであれば手紙をポストに投函しておくなどしておけば良いでしょう。現代は職業も多様で個々人の生活サイクルもさまざまです。必ずしも夜に就寝し、昼間に起きている人ばかりではありません。あまりしつこく訪問しても反対に迷惑になる恐れがあるので注意が必要です。

引っ越しの挨拶をするときの範囲とは

従来から向こう三軒両隣といわれるように、引っ越しの挨拶をするときは、一戸建てであれば向かい側の三軒と両隣の家に行うのが基本です。これは引っ越して来たときの騒音や特に子どもの多い家庭では生活音による迷惑をかける恐れがあるのが、これら近隣の家々だからということに由来します。

ただし、これはあくまで目安ですので厳密に守る必要はありません。調布市のように静かな住宅街もある地域であれば、少し離れたお宅にも迷惑がかかると思ったら訪問しておくのが良いでしょう。

また、賃貸でアパートやマンションに住んでいる場合は、両隣に加えて上下の部屋の住民を訪問するのが基本となります。管理人さんが居る場合は合わせて挨拶しておきましょう。賃貸で集合住宅を借りている場合は、引っ越し当日に騒音が建物に響くことやエレベーターを頻繁に利用してしまうこともあるため、出来るだけ作業前に訪問しておくのがベストです。

近隣住民とは別に、その地域の自治会があるのであれば会長のお宅や、賃貸であれば大家さんのお宅にも伺っておくのが良いでしょう。これもあくまで目安で必ず守らなければならないことではないのですが、今後生活するうえでお世話になる人であれば、簡単でも良いので出来る限り顔を見せておくのが無難です。特に自営業などで店舗を経営している人は、地域でトラブルがあったときに相談しやすくなるように良好な人間関係を築いておきたいところです。

挨拶に手土産を持って行くときの選び方

引っ越しの挨拶を行う際、手土産を持参すると第一印象が良くなるので出来れば用意するのが得策です。しかし、これはあくまで「お世話になります」という気持ちを表すための品物なので、無理に高価な物を贈る必要はありません。また、あまり高価な品物を渡すと反対に先方に気を遣わせてしまいますので注意しましょう。

手土産に用意する品物はだいたい千円程度が相場で、日常生活で使うタオルや洗剤あるいはお菓子などが一般的です。あまりかさばるもの、特に消費せずにいつまでも残ってしまうものは避けましょう。食器やインテリアの小物なども良さそうですが、こうした日常品には使う人の好みがあるのでもしかしたら無駄になる可能性もあります。

近隣の人々とははじめて会うので、当然好みなどはわかりません。もし品物を贈るのが不安なら、ギフトカードや図書カードなど好きな物が買えるような品にするのも良いでしょう。

のし紙は出来ればつけたほうが、自分の名前を書くので覚えてもらいやすいという利点があります。引っ越しの挨拶に使うのし紙は、紅白の蝶結びの水引が印刷されたものを使います。これも印刷されている場合がありますが、表書きには「ご挨拶」と記し、下に自分の名字を書きます。

こうした挨拶の品は、新たに引っ越して来た近隣の方だけではなく、出来れば今まで住んでいた地域の人たちにもお渡ししてから転居したいものです。近所付き合いが薄くなって来た現代ですが、新たな生活をはじめるうえで心の整理がついて良いのではないでしょうか。

 

たとえ仕事の都合で期間を定めて住む場合でも、近所付き合いというのは大事にしたいものです。調布市のように閑静な住宅街も多い地域では、最初のご挨拶をきちんとして印象を良くしておきたいところです。近所にこういう人が越して来たんだと知っておいてもらうことが、一つの防犯対策になることもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧