調布市で部屋を借りようと検討している方必見!調布市周辺でおすすめの賃貸業者を厳選してご紹介!

正しく間取り図読めてる?正しい読み方と記号を分かりやすく解説

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/07

調布市は都心から少し離れていて、賃貸を借りるときにも家賃が安くて済むのでおすすめの地域です。京王線を使えば新宿まで一本で行くことができます。そんな調布市で賃貸物件を探すときにも重要になるのが、間取り図の読み方です。正しく読めないことで契約した後で問題になることもあります。記号の意味を知って正しく選びましょう。

間取り図で分かる部屋の情報とは?

間取り図とは部屋の様子を平面で図示したものです。不動産業者がチラシなどで顧客に情報提供するためにとても便利な方法で、古くから使われています。最近ではVRなどの導入によって実際にその場にいるような感覚で内覧することが可能ですが、その情報を作成するためには時間もコストもかかるため賃貸物件ではあまり対応できているところはありません。

賃貸物件を探すときは間取り図から情報を得る必要があるので、できる限りの内容を把握できるようにして、良い物件を見つけ出しましょう。重要なことは、何を読み取るかということです。

図の縮尺は規定がないため、大きさだけで広さを把握することはできません。一緒に書かれている面積で確認するしかありません。間取り図に描かれているのはあくまでも部屋と部屋とを比較するための大きさになります。畳の枚数で表示されることもありますが、1畳が1.62平方メートルと覚えておくとよいでしょう。

物件に何が備わっているのか、どこに配置されているのか、一目瞭然にわかります。またそれぞれの関係性も確認することができます。どこの部屋が廊下と繋がっているか、どこに窓があるかなどを見ることができるので、大まかな生活を想定することが可能です。

残念ながら高さ方向の情報は完全に欠落しているので、天井に少し角度がついているなどの一般的ではない部屋の形は、内見のときに確認することになります。

いろいろ書かれている記号の意味は?

間取り図は多くの情報を詰め込むために多くの記号を使っています。そのため知識がないと読み方に困ってしまって、よくわからないということになりかねません。それほど多くの種類があるわけではないので、覚えておくと便利です。

賃貸物件でよく使われる記号としてはUBがあります。ユニットバスのことですが、一般的に勘違いされていることがあるので注意しましょう。ユニットバスは天井と床、壁が一体となっている浴室のことで、トイレが一緒になっていることを意味しているわけではありません。そのため便器のマークがなければ浴室だけです。

RFはルーフフロアの意味で、一般にはロフトと呼ばれています。下に収納や廊下があることもあり、省略された状態でRFと描かれていることがあります。PSはパイプシャフトになっていて、水道などの配管があるので使うことができません。少し広い物件では、WICと書かれているものがありますが、ウォークインクローゼットの略になります。

その他、ドアの形状も記号で書かれているのでしっかり見ておきましょう。扇状の円弧が書かれているのは、開き戸です。開く方向も分かるので、開けたときに使えなくなるスペースも確認できます。蛇腹になっているのはアコーディオンカーテンで、とんがった記号は折戸と呼ばれる折り畳まれるドアのことです。横にスライドする引き戸は一本の棒で書かれます。

賃貸の場合は何に注意して見ればよいのか?

間取り図を見ると、部屋の多さや大きさなどに目がいってしまいますが、実際には他のところに注目をするべきです。これから生活するかもしれない場所になるので、普段の生活を想像して、無理がないかを考える必要があります。

まずは玄関からなぞって、靴を片付けるスペースや部屋までの経路、トイレやお風呂へのアクセス、起きてから出かけるまでの生活のリズムがうまくいくかという目線で間取り図の上を実際に動いてみましょう。

そして他にも注意すべき点があります。それは方角と周辺の環境です。間取り図の窓の向こう側に何があるのか確認しておくとよいでしょう。環境によっては線路や車道では騒音が気になったり、洗濯物が干せなかったりといったトラブルが発生します。

方角が悪いのなら、日当たりや室内の湿気などの問題も気にしなければいけません。できれば南側に窓があるような場所であれば、日差しもあって室内が明るくなるでしょう。方角は数字の4のような矢印で北を示していたり、方角を示す記号が書かれていたりするはずです。

隣の部屋との繋がりについても読み取ることができるものもあります。 あとは床についても記載があり、フローリングや畳などを確認することが可能です。家具を置くような場所はフローリングの方が安心です。畳の場合は、入居時に交換してくれることもあるので、布団を使っている人には快適かもしれません。洗濯機や冷蔵庫などの家電製品が置くことができるかも確認した方がよいでしょう。

 

調布市は近くを多摩川が流れているなどの自然が多い環境です。週末にゆったりとした時間を過ごすために選ぶ人もいます。家賃を気にする人には、おすすめの地域です。新宿周辺に勤務地があるなら調布市からの通勤は、便利で快適です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧