調布エリアで部屋を借りようと検討している方必見!調布駅周辺でおすすめの賃貸業者を厳選してご紹介!

一人暮らしでも火災保険って入らなきゃダメ?補償内容を知っておこう

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/25

調布市にある賃貸物件を借りて、都心よりも緑が多くて落ち着いた住宅街として拓けた調布市での一人暮らしを始めようと考えているなら、火災保険に加入するのは必須です。火災保険の補償内容を詳しく知れば、地球温暖化の加速で災害が増えている今の時代、未加入の状態で入居するのは逆に不安になってくると言っても過言ではありません。

住まいと保険と賃貸物件での暮らし

火災保険というと念願のマイホームを手に入れた人が戸建て住宅を守るために加入する保険というイメージがありますが、集合住宅であるマンションでも自分自身の住居スペースから出火した場合には火災保険に入っていないと、修繕はもちろんのことさまざまな損害賠償に対応できるだけのお金を用意できないケースが大半です。

集合住宅で持ち家の場合は、集合住宅に適した内容を盛り込んだ火災保険に加入する人が大多数を占めますが、賃貸物件は大家がやっているから大丈夫と思いこんでしまいます。 賃貸物件を借りて暮らす場合でも、入居スペースにおいて火災が起きれば自分自身で対処しないといけないとあって、火災保険の加入は必須です。

マンションやアパートなどさまざまな建物がありますが、建物そのものへの火災保険は大家が加入してはいても、それぞれの入居スペースにおいて火災が発生したときは、自分でその後の始末をしなければならないからです。賃貸物件なら大家が加入しているから大丈夫と軽く考えていると、あとになって後悔してもしきれない事態になってしまいます。

調布市で気に入った賃貸物件を見つけた場合には、おそらく不動産会社とさまざまな手続きを行うことになるので、火災に備えて保険をどうすればいいかを調布市の不動産会社に事前に聞いてから、補償内容を比較するなどの検討を行うことが大事です。

一人暮らしの住まいを支えてくれる補償内容

調布市で一人暮らしをしている人には住まいを借りて暮らしている人が多いです。借りているという意識を常に持っておくことが火災保険に加入しなければという行動につながります。

火災という名がついているために火事のときにだけ補償される保険というイメージが先行しがちですが、実はカバーできる補償対象が非常に多いことは意外と知られていません。 実は火災保険は火災だけでなく、水や風災による損傷にも対処してくれる補償内容となっていることが大半で、一人暮らしの住まいとその生活の中で起こる予期せぬトラブルで発生した出費をカバーしてくれる、頼もしい保険なのです。

そのため、火災保険に加入する場合には火事だけでなく水と風といった、さまざまな災害への対応がきっちりとされる補償内容となっているかをしっかり確認しておく必要があります。 賃貸物件でやってしまいがちな水のトラブルといえば、浴槽にお湯をためているのを忘れて水浸しにしてしまい、階下にまで水漏れさせてしまったといったケースですが、この場合は保険で賠償してくれます。

さらに、台風による風で窓ガラスが割れて家具や家電が使い物にならなくなったといった場合も、加入時にあらかじめ設定した金額の上限まで保険金が支払われますので、大いに助かることでしょう。 窓ガラスの損傷は家屋が対象となり、家具や家電とは別枠で保険金が支払われるとあって、それぞれの限度額で保証してもらえるのがメリットです。一人暮らしの住まいだからこそ、どのくらいの補償額に設定しておくと安心かを考えて加入することが不可欠です。

賠償から家財道具の紛失まですべて対応できる内容にしよう

火事を出すことは、持ち家であっても賃貸であっても十分な注意を払って避けなければなりませんが、実のところ火事を起こして隣まで類焼させても、故意でなければ火事を出した人が責任を問われることはありません。 賃貸暮らしの場合は他の物件に移り住めば住まいそのものは確保できますが、家具や家電を失ってしまっても、出火元の人から賠償してもらうことができない点は知っておくことが大事です。

そのため、賃貸暮らしの場合に加入する火災保険で重視する補償内容のいちばんは家財保険です。次いで水漏れ特約に当たる個人賠償責任保険に加入していると、よその人の住まいに損失を与えたときに保険で対応できますし、水浸しになったことで壊れた家電なども対象となります。

火事を出しても故意でなければ大家に対して修理の義務を負うことはありませんが、部屋を出る場合には原状回復を求められることから、かなりの金額の修理費用を請求されるでしょう。これに対応するためには、補償内容に借家人賠償責任保険をつけておく必要があります。賃貸ならではの安心の補償内容と言えます。

火事を出さないように注意するのは言うまでもありませんが、自然災害が頻発している今、風や雷などの自然災害で家財道具が壊れてしまうことは珍しくありません。家電一式買い替えとなるとかなりの費用になるだけに、一人で暮らすからこそ、いざというときに備えた補償内容の火災保険への加入が不可欠です。

 

大家が火災保険に入っている賃貸物件を借りて暮らすにあたって、自分自身の加入は不要と思っている人は少なくありませんが、これは大きな間違いです。あとになって後悔することのないように、事前に賃貸での一人暮らしに必要な補償内容で火災保険を検討し、加入しておくことが求められます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧